小学1年生から受験できる!全国レベル模試「ティエラEXオープン模試」 入試本番をシミュレーション!「EXオープン高校入試本番レベル模試」

小6算数 過去問チャレンジ

解答

小6算数 解答小6算数 解答

出題のねらいと対策

出題のねらいと対策

【ねらい】
三角形や四角形、円の面積についての理解度と応用力を問う。

【分析と対策】
(1)底辺と高さがそれぞれ等しい三角形は、形がちがっても面積は同じになります。
(2)「円の面積=半径×半径×円周率」です。図形を移動して面積を求めるやり方を確かめて起きましょう。また、「台形の面積=(上辺+下辺)×高さ÷2」も覚えておきましょう。

解説と今後の学習の対策

【1】
下の図で、(三角形エオウの面積)=(三角形アオウの面積)=(辺オウの長さ)×8÷2だから、図の■の面積は三角形アイウの面積に等しくなります。
出題のねらいと対策
【2】
下の図のように図形を移動すると、求める面積は半径4cmの円の半分の面積に等しいことがわかります。
出題のねらいと対策
【3】
①三角形オカウの底辺を辺カウとすると、高さは□cmになります。面積が36cm2だから、
  6×□÷2=36cm → □=36×2÷6=12(cm)
②四角形アイカオは平行四辺形だから、下の図で、アオ=イカ=4(cm) → オエ=7-4=3(cm) → 「台形の面積=(上辺+下辺)×高さ÷2」より、求める面積は(3+4+6)×12÷2=13×12÷2=78(cm2)
出題のねらいと対策

ページの先頭へ戻る

LINEで情報配信中!

メールマガジン始動!

子どもはもっともっと伸びる

ティエラ流 「模試」の受け方・「テスト」の受け方

EXオープン模試は受けた後が大切 見直しの徹底で弱点克服!

過去問にチャレンジしよう!

ティエラグループ

能力開発センター

能開個別ホロン

山本塾

札幌進学教室

東進衛星予備校

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽にお申込みいただけます。

携帯にURLを送る

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(ティエラEXオープン模試)はプライバシーマークを取得しました。