小学1年生から受験できる!全国レベル模試「ティエラEXオープン模試」 入試本番をシミュレーション!「EXオープン高校入試本番レベル模試」

ティエラ流 「模試」の受け方・「テスト」の受け方

まずは、もう一度自力で考えてみよう

違えた問題の見直しをする時に、先に解説を読んで、それでわかった気になってしまう人がいます。解説をよく読むことはもちろん大事なのですが、その前にまずもう一度自分の力で解き直してみることが大切です。
試験の問題は「知識力」と問うものと「思考力」を問うものに分けられます。
知識が不足して間違えた問題であれば、参考書や辞書を使って調べるようにしましょう。調べるという行為が脳に刺激を与えて、知識の定着を促します。また、思考力を試す問題で間違えた場合は、時間をかけてもいいのでじっくりと考え直してみましょう。
制限時間のあるテストでは、時間に追われて冷静に対処できなかったということもあるはずです。テストが終わってから落ち着いて考え直してみると、テスト中に気づかなかったことに気づき正しい答えが導けたということがよくあります。
思考力は試行錯誤して頭を使うことによって発達します。解き直しの際に自分の頭に負荷を与えることが重要なのです。

解説をよく読み、要点をノートにまとめる

のようにまずは自力で解き直しをした上で、しっかりと解説を読み込みましょう。
その際に大事なことは、ただ読むのではなく、ポイントをノートにまとめることです。
例えば、数学(算数)において解説の解法を読んだのであれば、今度は解説を見ないで自分の手でノートに解き方の手順を書いてみましょう。
大事なことは解説を眺めるだけで終らせないことです。人間の記憶は時間の経過と共に薄れていきます。ときには誤った覚え方をしてしまう場合があるかもしれません。それを避けるために目で見るだけでなく、手を動かして書きとめる行為が重要なのです。

間違えた問題を含む単元・分野自体を見直す

ストの見直しの際にさらに大事なことは、間違えた問題が属する単元・分野全体も見直してみるということです。出題はされなかったが間違えた問題と関連した事項について弱点がある場合もありますし、社会科や理科の第二分野のような知識力が前提となる教科や分野の場合は、他の事項を含めて体系的に整理し直した方が、脳への定着が図れ、今後の試験に活かされます。間違えた問題はもっと広く単元・分野全体に課題がある可能性を示す注意信号と受け止めましょう。

テスト全体をもう一度制限時間を設けて解き直してみる

ストの見直しにおいては、これまで述べたように間違えた問題をきっかけにして勉強を発展させることが大事なのですが、もう一つ大事な方法はテスト全体をもう一度制限時間を設けて解き直してみるということです。
これは、試験が終わった直後にやるのも有効ですし、時間が経過してからやってみるのも有効です。特に、試験からかなり時間が経過したときにもう一度取り組んで、果たして満点がとれるか試してみるとよいでしょう。意外に満点がとれないこともあります。直後に見直しをした段階では理解したつもりでいても時間が経過して、点数に対する意思が薄れてきたときに再テストをやってみると、実は自分のものになっていないということに気づくことがあります。
つまり、勉強したことを本当に定着させ自分のものにするには、何度もくり返すことが大事なのです。

ページの先頭へ戻る

LINEで情報配信中!

メールマガジン始動!

子どもはもっともっと伸びる

ティエラ流 「模試」の受け方・「テスト」の受け方

EXオープン模試は受けた後が大切 見直しの徹底で弱点克服!

過去問にチャレンジしよう!

ティエラグループ

能力開発センター

能開個別ホロン

山本塾

札幌進学教室

東進衛星予備校

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽にお申込みいただけます。

携帯にURLを送る

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(ティエラEXオープン模試)はプライバシーマークを取得しました。