小学1年生から受験できる!全国レベル模試「ティエラEXオープン模試」 入試本番をシミュレーション!「EXオープン高校入試本番レベル模試」

正しい答案の作り方

「忘却曲線」から見る復習のタイミング

筋力トレーニングでつけた筋力も、トレーニングをやめてしまえば、だんだん力が落ちていってしまいます。暗記も同じです。暗記によって「覚える」ことができたとしても、そのままほったらかしにしていては忘れてしまいます。

忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)というものがあります。

エビングハウスの忘却曲線

これは時間がたつにつれて一度覚えたものを忘れていくようすを表しています。
驚くのは、次の日には半分近く忘れているということです。

暗記力がついてくると、短時間でたくさん暗記することができるようになり、忘れにくくなりますが、それでも人間ですから、いつかは忘れてしまいます。人間も生き物ですから、生きていくうえで必要のないものはなかなか覚えておくことができません。

せっかく頑張って覚えても、忘れてしまってはもったいないですよね。そこで大切になるのが復習のタイミングです。

復習のタイミングは大きく右の3つがあります。

このタイミングで復習すれば、少なくとも受験を終えるまでは忘れることはありません。普段からテキストやノートに勉強した日を書き込んでおくと、いつ勉強したことかがわかり、1週間後、1ヶ月でも読み直しをし、解き直すことができます。

EXオープン模試を受けた後も、「復習」は重要!!

テストを受けたらすぐに「復習」!

この姿勢を養うだけで、将来的な得点力はずいぶん変わってきます。この講座では、EXオープン模試で出た問題の中で間違えたところを完璧に理解できるまでやり直します。理解できていないテーマをしっかり解き直し、的確なアドバイスのもと、「復習」の習慣をつけ、スムーズなレベルアップを図りましょう。

「解き直し」はなぜ重要?

テストの後こそ学力アップのチャンス!テストを受ける緊張感が、集中力や知識の定着をグンと高める、と考えています。テストを受けた後こそ、学力アップの最大のチャンスです。EXオープン模試を受けたら、このチャンスを最大限に生かすため、すぐやり直しを行うことが重要です。
模試で出た問題の類題をっくり返しやり直すことで、どこを間違ったか、なぜ間違ったかを明確にします。自分の弱点をしっかり知ることで、今後の取り組むべき課題が自ら分かるようになるのです。

「Web確認テスト」での解き直し
家庭学習支援システム「Bitキャンパス」の復習ツール、Web確認テストでEXオープンの類題を解くことができます。くり返し行うことで各単元の理解度を深めていきます。

ページの先頭へ戻る