小学1年生から受験できる!全国レベル模試「ティエラEXオープン模試」 入試本番をシミュレーション!「EXオープン高校入試本番レベル模試」

正しい答案の作り方

「すきま時間」を有効に使おう

単語カード

部活や習い事で忙しい日々を送っている人にとっては、「すきま時間」を有効に活用することがとても重要です。

「すきま時間」とは、学校の休み時間や電車・バス登下校中、テレビのCM中、就寝前、あるいはトイレといった、5~10分の時間のことです。
普段の生活の中にはこの「すきま時間」が多くあり、これらを合わせると2時間近くになるはずです。このちょっとした時間に勉強するのにうってつけなのが、単語カードです。ここでは、その単語カードの使い方について確認をしていきます。

まず、単語カードで覚えるものとして、漢字、古文単語、英単語、理科や社会の語句などがあります。初めにこれらを単語カードにまとめていくわけですが、なんでもかんでも書くわけにはいきません。単語カードを作るにあたっては、以下のことに注意しましょう。

point1 分類して作ろう

英単語用の単語カード、漢字用の単語カード、古文単語用の単語カードというふうに、教科・種類ごとに分けて作る。

point2 枚数は50枚までがいいぞ

8~10分で全部確認できるように、一つの単語カードは30枚~50枚までにする。

・・・単語カードの使い方②で、4つのステップについて、くわしく解説!・・・

ページの先頭へ戻る